ヨガに取り組む全ての人にヨガの知識、ヨガの哲学をお届けするサイト - Yoga Prema

bhagavad gita バガヴァッド・ギーター6-1章

バガヴァッド・ギーター1章

-初めにグルへの祈り-

om ajna-timirandhasya jnananjana-salakaya

caksur unmilitam yena tasmai sri-gurave namah

(私は無知の暗闇の中に生まれたが、グル(精神の師)からの授けられた精神な知識の明かりによ って開かれた。その師(の蓮華の御足)に心から敬意を表する。

om namo bhagavate vasudevaya

(ヴァスデーヴァの息子、ヴァーステヴァ、ヴァガーヴァーンに心から敬意を表する)


バガヴァッド・ギーターの教えは、同じクル族のドゥリョーダナ陣営とパンダヴァ兄弟による正義の戦いの中で語られた教えである。

親友であり、師弟関係であるクリシュナとアルジュナの会話である。

それはただの会話ではなく、クリシュナが直接話した、優しさと愛を纏った究極的な教えである。この話を信念と愛情を持って聞くのであれば、速やかに苦しみの海(輪廻)から救われる。

愛の香油を目に塗った者だけが、このギーターの恩恵を得られる。

パリキュラム

【1-1】- dhrtarastra uvaca-

dharma-ksetre kuruksetre samaveda yuyutsavah

mamakah pandavas caiva kim akurvata sanjaya

ドリタラーシュトラ王は尋ねた。サンジャヤよ、聖地クルクシェートラで戦うべく終結した、我が息子たちとパーンドゥの息子達の様子はいかがであろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クリシュナの文学的化身であるヴィヤーサから生まれたドリタラーシュトラ王とパンドゥ王。 パンドゥ王は敬虔な王であったが若くして亡くなってしまい、その息子達、パンダヴァ兄弟が残された。

パンダヴァ兄弟は父と同じ、皆敬虔であり、ヴェーダを守り、(ダルマの主人)クリシュナを慕う徳高き兄弟。

一方、ドリタラーシュトラの息子、ドゥリョーダナを筆頭とする兄弟達。

父、ドリタラーシュトラは生まれながら盲目であったが、それは物質的なだけではなく、心も盲目であり、息子達がパンダヴァ兄弟達への非人道的な行いを許してきた。

クリシュナが何度も愛のある言葉を渡し、調和を呈したのにも関わらずそれを跳ね除けた。

だから今、この正義の戦いがクルクシェートラの土地で始まろうとしている。

このクルクシェートラという土地は神々が巡礼する土地であり、いわゆる聖地だ。 聖地と言われる吉兆な場所で行われる戦いに悪が勝つことは無い。

聖地とはダルマ(正義)がある場所でもある。 しかもダルマの主人は誰か? クリシュナである。

クリシュナは愛からパンダヴァ兄弟の3番目、親友のアルジュナ側へ付いている。 ドリタラーシュトラは自己の軍がこの戦いへ臨むにあたり、不穏な空気を感じられずにはいられない。

「我が息子、ドゥリョーダナがこの戦に本当に勝つことごできるのであろうか??」その不安を消したくてサンジャヤに聞いた。 ギーターの言葉はここから始まる。

クリシュナが居るところに全てが訪れる。 それがヨーガの目的だ。全ヴェーダはクリシュナを知る為だけにある。

そしてそのクリシュナは優しさと愛のみで慕う者に所にやってくる。それは愛のみで慕う者がクリシュナ=ヨーガを知ることができるということ。クリシュナはこの世界も含めた全て、究極的なサナータナダルマ(真理/幸福)である。だとしたら、生命体が本当に幸福を味わうには「愛」を学ぶ(クリシュナを知る)こと。

クリシュナとアルジュナの関係性から、そして、この冒頭から生命体の幸福が願われている。

厶ンゲル子供たち

次節 bhagavad gita バガヴァッド・ギーター6-1章2節

前節 バガヴァッド・ギーター 概要2


この内容全てジャヤーナンダ師より与えられた経典の叡智から得たものです。 師の本には更に多くの教えがあり、それを学ぶことができます。

バクティヨーガ叡智が凝縮されたジャヤーナンダ・ダーサー師 解説本

ヨガインストラクター:Prema Yogini(プレーマ・ヨギーニー)

心の健康=幸せとは何なのかを求めヨガに出逢う。

ヨーガが現代に必要な教えを与えている事に気付き学び始める。

ジャヤーナンダ師を師事。

現在もその師の元バクティヨーガの純粋な教えを学んでいる。

バクティヨーガは完全な幸せを知る唯一の方法であり、それはセンチメンタルではなく、完全な科学です。

この世界の科学は便利さという幸せに近いことは追求できますが、本当の幸せを追求することとはまた違います。

バクティヨーガとはこの世界や宇宙がどのように構成、運営されているのか、生命体はどのような構成なのか、それを全て説いた上で、幸せとはなんなのかを私たちに寄り添うよう伝えてくれています。

完全な幸せは優しさや愛情という形でどの生命体(魂)の中にも存在し、それで満たされた本来の姿を知り、味わってもらえたら、、とバクティヨーガの叡智を伝えたく、このyoga premaを立ち上げる。

資格

ギーター・プラチャーリカ/ インド政府公認ヨガ資格/ ホットヨガ指導資格/ FTPマットピラティスベーシック/ 全米アライアンスRYT200/ アチュータゴッドラ・ゴーディヤヴァイシュナヴァ パランパラー

ヨーガを学び指導し始め11年、yoga ziyuuを自身で立ち上げ6年継続後、一旦休止。

現在は東京蔵前にある【藝 東京 ヨーガセンター】にてインストラクター兼、全米アライアンス200教典の講師を務めさせてもらう。

藝東京ヨーガセンターの詳細はこちら