ヨガに取り組む全ての人にヨガの知識、ヨガの哲学をお届けするサイト - Yoga Prema

bhagavad gita 2章 17節

初めの祈り

om namo bhagavate vasudevaya

(ヴァスデーヴァの息子、ヴァーステヴァ、ヴァガーヴァーンに心から敬意を表する)


*【2-17】 *

avinasi tu tad viddhi yena sarvam idam tatam

vinasam avyayasyasya na kascit kartnm arhati

(体内にあまねく充満している魂は、いかなる方法でも、決して傷つかず壊されもしない。誰も不滅の魂を破壊することはできない)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前節で肉体と魂の違いを伝え、この説では魂につい更にて詳しく説明をしてくれている。

「体内にあまねく充満している」と。つまり肉体(心も含む)は魂によって維持されているということを伝えてくれている。それは「意識」として感じられると。

「痛み」が一番分かりやすいと思う。身体のどこか一部でも、それがどんなに小さな場所でも、痛みは分かる。その「痛み」という感覚を認識しているものが「意識」であり、その源が魂であるということ。

身体の一部が動かないが話すことが出来る人と、身体には何も支障がないが、いわゆる「脳死」の状態と、生きていると感じるのはどちらだろうか。多分、前者の方にそれを感じることが多いかと思う。両者の違いは「意識」が在るか無いか、である。

つまり、人の生命活動を可能にしているのは意識であり、それこそが魂があるという証明であると伝えてくれている。魂が意識を興し、全活動のスイッチが入る。その魂の大きさは「毛先の1万分の1」と詳細に書かれている。この毛先の1万分の1の大きさの魂が全生命活動を支える根源である。

死体にどんなに手を施しても「意識」は戻って来ない。ということは意識と肉体(物質)は違うものであると理解できる。ここからも肉体を自分と思うことは違うということを教えてくれている。

この微小な大きさであり、かつ量も微量の為に私達生命体は「小さな魂」と呼ばれ、その微小さ故に、感知することが極めて難しい。なので、「完全に知識を達した人のみ、はっきりとそこに在ると悟ることができる」と経典に書いてある。それは同時に、現代医学では証明することが極めて困難であることも理解できる。

身体(肉体/幽体)が完全に綺麗になった時、その(魂の)本性が発揮される、、と。

究極目的地

ここに向かっているのがアーサナ(ポーズ)の練習である。ギーターにははっきり書いてある、「健康や美容の目的には無い」と。ヨーガの目的は何処をとっても「自己実現」ということ。美しさや健康は、魂の本領が発揮されたときの喜びや幸福に比べたら取るに足らないものなのである。

物質的な束縛(苦しみ)から本当の自分を解放するシステムがヨーガである。この世界でどんなに探しても、解放された喜びほどの幸福は味わうことはできない。経典にはそのことを「この世界の喜びは噛んだものの噛み残しを味わっている」と伝えている。喜びが何なのか、、を勘違いしているということ。

この小さな小さな存在を感知出来ないが故に、喜びを勘違いし苦しんでいる。それはこの世界の喜びは何かしらの価値に変えてしまう。金銭や自己がどれ程感覚を満たされてか、、という価値にかえてしまう。本当の喜びは価値に変えられない。だからこそ、人は心が揺さぶられるのだ。その言葉を変えると魂に響く。生命の誕生の神秘の喜びが近いかもしれない。

その喜びは決して壊れもせず、傷つきもしない。

その完全な喜びが私達の中に在る。その微小な魂はいつも大きな魂(スーパーソウル)に見守られ、いつも確固たる体内の中に存在する。その神秘。神の秘密を知ることがヨーガであり、それこそが生命体にとっての甘露(幸せ)なのだ。甘露はアムリタと呼ばれ不死の媚薬と言われる。ヨーガを学ぶことはその甘露を飲むことであり、それは永遠の自己の存在になること。

ヨーガを学ぶことは「不死(究極的な苦しみ/2元相対を超えた)」を達し、この肉体をまといながらも何も苦しむことは無くなる。

ここでクリシュナは「魂」において、明確にはっきりと説明してくれている。それは苦しむ生命体に救いの光という真理を伝えてくれているのだ。

クスムサロバラ

次節【2章18節へ続く】

前節 bhagavad gita バガヴァッド・ギーター2章16節

【2020年4月より宮城にて月1回 バガヴァッド・ギータークラス開催】

★詳細→Yoga Prema facebook内〈https://m.facebook.com/yogapremayogini/?ref=py_c〉

【2020年5月よりsukura yogaスタジオにて、全米アライアンス200時間、経典にてこのバガヴァッド・ギーターを伝えさせてもらいます。ヨーガを学びたい方は是非】

・sukura yogaスタジオ(満員)→https://sukra-yoga.com/news/


この内容全てジャヤーナンダ師より与えられた経典の叡智から得たものです。 師の本には更に多くの教えがあり、それを学ぶことができます。

バクティヨーガ叡智が凝縮されたジャヤーナンダ・ダーサー師 解説本

SNSでこの記事のシェアをお願致します!

ヨガインストラクター:Prema Yogini d.d(プレーマ・ヨギーニー)

心の健康=幸せとは何なのかを求めヨガに出逢う。

ヨーガが現代に必要な教えを与えている事に気付き学び始める。

ジャヤーナンダ師を師事。

現在もその師の元バクティヨーガの純粋な教えを学んでいる。

バクティヨーガは完全な幸せを知る唯一の方法であり、それはセンチメンタルではなく、完全な科学です。

この世界の科学は便利さという幸せに近いことは追求できますが、本当の幸せを追求することとはまた違います。

バクティヨーガとはこの世界や宇宙がどのように構成、運営されているのか、生命体はどのような構成なのか、それを全て説いた上で、幸せとはなんなのかを私たちに寄り添うよう伝えてくれています。

完全な幸せは優しさや愛情という形でどの生命体(魂)の中にも存在し、それで満たされた本来の姿を知り、味わってもらえたら、、とバクティヨーガの叡智を伝えたく、このYoga Premaを立ち上げる。現在は東京都江東区住吉、宮城県涌谷町にてヨーガを伝えている。

資格

ギーター・プラチャーリカ/ シュリーマド・バーガヴァタム50/ インド政府公認ヨガ資格/ ホットヨガ指導資格/ FTPマットピラティスベーシック/ 全米アライアンスRYT200/ アチュータゴッドラ・ゴーディヤヴァイシュナヴァ パランパラー

ヨーガを学び指導し始め12年、yoga ziyuuを自身で立ち上げ6年継続後、一旦休止。Yoga Premaとして活動を再開。

現在は東京、宮城、他県にて経典はもちろん、経典の教えがアーサナの中にあることも伝えアーサナのクラスも行い、ヨーガの真理を伝えることに従事、尽力している。