ヨガに取り組む全ての人にヨガの知識、ヨガの哲学をお届けするサイト - Yoga Prema

bhagavad gita バガヴァッド・ギーター7-1章2

バガヴァッド・ギーター1章 2節

om namo bhagavate vasudevaya

(ヴァスデーヴァの息子、ヴァーステヴァ、ヴァガーヴァーンに心から敬意を表する)


【1-2】-sanjaya uvaca-

drstva tu pandavanikam vyudham

duryodhanas tada

acaryam upasangamya raja vacanam abravit

(サンジャヤは答えた。ご子息のドゥルヨーダナ王子はパンドゥ兄弟の堅固な陣容を見渡した後、軍師ドローナチャーリャのもとにおもむき、次のように申しました、、)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ドリタラーシュトラ王は心の「め」も盲目であり、それは精神の「め」も盲目になっていた。

息子(ドゥルヨーダナ/カウラヴァ兄弟)達とパンダヴァ兄弟との和解など到底出来ないとドリタラーシュトラ王は分かっていた。

この戦いが避けられないとはいえ、クルクシェートラという土地での戦いに対してとても心配だった。 秘書のサンジャヤは王の不安が手に取るように分かる。

サンジャヤはクリシュナ(バガヴァーン)の文学的化身であり、ヴェーダを編纂したヴィヤーサの弟子である。 その師より神秘力を授かり、あらゆるものがみえる。

ヨーガ(クリシュナ)は神秘力の主人とも言われる。精神性が高まると、概念の鎖が切れ能力が開花する。それはヨーガを実践する上で眉唾ほどの恩恵なのだが、それでもその神秘力は精神を鍛錬しなければ与えられない。それを与えられているサンジャヤは凄い聖者である。

ヴリンダーヴァンパリキュラム

ドリタラーシュトラ王を勇気付けようと、サンジャヤは息子であるドゥルヨーダナの布陣が何にも影響を受けることは無いだろうと、味方の最高指揮官、軍師ドローナチャーリャに報告をするところを伝えた。

だが、ドゥルヨーダナも父のドリタラーシュトラ王と同じ、内心はパンダヴァ陣営への恐怖は凄まじい。言い知れぬ恐怖が彼の中にみてとれる。

それを隠し、鼓舞するように、3節からはどれ程味方(ドゥルヨーダナ/カウラヴァ陣営)が凄いかを並べ、ただ虚しい安心感を得ようと言葉を並べるのだ。

クリシュナ(バガヴァーン)から離れた生命体はこのように、恐怖と焦り、心配や不安に付きまとわれる。 生命体が本当に頼るべきものが何なのか、、

私達は精神の「め」をひらいて自己に問わなくてはならない。

パラマドウ゛ィテマハラージ

次節-bhagavad gita バガヴァッド・ギーター6-1章3節

前節-bhagavad gita バガヴァッド・ギーター6-1章1節


この内容全てジャヤーナンダ師より与えられた経典の叡智から得たものです。 師の本には更に多くの教えがあり、それを学ぶことができます。

バクティヨーガ叡智が凝縮されたジャヤーナンダ・ダーサー師 解説本

ヨガインストラクター:Prema Yogini(プレーマ・ヨギーニー)

心の健康=幸せとは何なのかを求めヨガに出逢う。

ヨーガが現代に必要な教えを与えている事に気付き学び始める。

ジャヤーナンダ師を師事。

現在もその師の元バクティヨーガの純粋な教えを学んでいる。

バクティヨーガは完全な幸せを知る唯一の方法であり、それはセンチメンタルではなく、完全な科学です。

この世界の科学は便利さという幸せに近いことは追求できますが、本当の幸せを追求することとはまた違います。

バクティヨーガとはこの世界や宇宙がどのように構成、運営されているのか、生命体はどのような構成なのか、それを全て説いた上で、幸せとはなんなのかを私たちに寄り添うよう伝えてくれています。

完全な幸せは優しさや愛情という形でどの生命体(魂)の中にも存在し、それで満たされた本来の姿を知り、味わってもらえたら、、とバクティヨーガの叡智を伝えたく、このyoga premaを立ち上げる。

資格

ギーター・プラチャーリカ/ インド政府公認ヨガ資格/ ホットヨガ指導資格/ FTPマットピラティスベーシック/ 全米アライアンスRYT200/ アチュータゴッドラ・ゴーディヤヴァイシュナヴァ パランパラー

ヨーガを学び指導し始め11年、yoga ziyuuを自身で立ち上げ6年継続後、一旦休止。

現在は東京蔵前にある【藝 東京 ヨーガセンター】にてインストラクター兼、全米アライアンス200教典の講師を務めさせてもらう。

藝東京ヨーガセンターの詳細はこちら