ヨガに取り組む全ての人にヨガの知識、ヨガの哲学をお届けするサイト - Yoga Prema

yoginiの部屋-最終

ヨーガの小話-2最終

何故マハーマントラが大切か。 それは、私達のいわゆる生き方のパターンを壊してくれるからです。

私達の生き方は幽体と呼ばれるものに全て詰まって生まれてきます。 幽体のことを希薄な身体/見えない身体とも言います。

そしてそれをヨーガではチッタと言います。 その内訳は心(マナス)、知性(ブッディ)、偽の自我(アハンカーラ)で構成されていて、生まれる時にこの3つのパターンが既に決まっているのです。

例えば、苺があるとして、これを「美味しい」と感じる人もいれば、「美味しくない」と感じる人もいます。ヨーガに魅かれる人もいればそうでない人も居る、、など。。

私達が興味、関心、感じ方、考え方、、あらゆる行為を行う前の、その種(想い)となっているものがチッタです。そしてこのチッタは太古の昔から私達が生まれ変わる度に引き継がれている、パターン化しているものなのです。

チッタと共に私達は次の生(来世)へと生まれていくのです。

今世問題と思うこと、その原因は各々引き継いでいるチッタの状態なのです。大人になれば誰しも性格を変えることはとても難しいとを、自己を、そして他人を見て理解するはず。この理由がこれです。 コンロの油汚れを15年放置したら落とすのが難しいように、太古の昔から引き継いでいる、チッタのパターン(苦しみや悲しみ)を変える(綺麗にする/避ける)のはとても困難なことなのです。

バクティ

そのチッタのパターンを唯一壊してくれるのがこのマハーマントラなのです。どのマントラでもなく、このマハーマントラのみです。そしてこの時代のユガ・ダルマなのです。

マハーは「偉大」マンは「心」トラは「解放/浄化」という意味で、即ち、チッタを綺麗にする偉大な最高の祈りということです。 それは、このマントラのエネルギーが「最高の幸運の女神」を呼んでいるからです。

私達は困った時に頼りになる人の名前を呼び、会いますよね。それが子供だったら「お母さん!」と呼び続け助けてもらいます。このマハーマントラもそれと同じ、助け(保護)を求めているのです。

あらゆるものを完全に持っている幸運の主が「ハレー/クリシュナ/ラーマ」であり、(この3つの意味はその他にも解釈がありますがここではこのように解釈してお伝えします )そしてこの3つの名前があるところに、「ラーダーラーニー」という究極の喜びの根源である女神がいるのです。

例えば、あなたが好きな人がいるとして、その名前を話している人の会話を聞きたくなると思います。それと同じイメージです。

喜びの根源、ラーダーラーニーの最愛の人はクリシュナ/ラーマです。クリシュナと呼びかけている人の元にラーダーは行きます。そしてラーダーのエネルギーがあるところにチッタという頑固な汚れのパターンが落とされていきます。何故ならラーダーは喜びの根源の女神だからです。喜びがあるところに私達を苦しめるパターンはもうありません。

ヨーガの練習は心を支配することと伝えられています。支配とは心の性質を無くすことではありません。感情を何かひとつのものに捧げるということなのです。結果支配されているように見えるのです。そしてそれは自力では出来ません。

私達の存在、魂は「anadir adir」-終わりも始まりもないと言われています。 だから魂と共に生まれ変わるチッタもまたどこから始まったのか分からない、それは私達の想像を超えたところに全て用意されているのです。

ナーマサンキールタン

それを知識でどんなに理解しようとしても、自力でチッタを綺麗にすること、問題を取り除くことは残念ながら出来ません、、。だから頼るのです。そのことを繋がると言い、ヨーガと言います。ヨーガとは喜びの根源と繋がること。その為に心をひとつのものに捧げ(保護を求め)、。その行為がマハーマントラなのです。

それはまるで日陰が日向に包まれていくように、汚れが喜びのエネルギーに包み込まれ心のパターン、チッタが綺麗になります。そうするとどうなるか?問題を問題と捉えなくなる。だからラーダーのエネルギーがあるところに問題はもう無くなります。

ラーダーのエネルギーをフラデイーニシャクティと言い、歓喜エネルギー、この世界にある喜びは全てここからやってきます。

これはどんなに知識(頭が良くても)があっても理解することは出来ません。必要なことは「純粋さと謙虚さ」です。だとしたら、人が幸せに向かう為に最も必要な要素は「純粋さと謙虚さ」ということです。それは現代が時に生きにくいと感じてしまう、チッタの汚れ(想い)をも壊してくれるのです。「純粋さと謙虚さ」の質を増やしていく行為もまた、マハーマントラなのです。

シュリーマド バガヴァッドギーターの「シュリー」は幸運、究極的にはラーダーラーニーのことです。全ての経典はラーダーを知る為にある。そこに行き着く質は「純粋さと謙虚さ」。その質はきっとこれからお伝えするヨーガの精髄、ギーターでも増やしていけることと思います。

ラーダーという究極の喜びを呼び寄せる、そうするとチッタという種(肉体が無くなっても滅びない苦しみや悲しみ)は完全に消滅する。そして今のカリ時代は特別な幸運の時代、黄金期と言われています。混沌とした現代の中で、その時にマハーマントラに出逢えた幸運はとてつもないです。

この祈りに出逢うという幸運をどうつかうか、、断言できることは、これを見ている貴方はとてつもない幸運ということ。 これはバクティヨーガだけが教えてくれる叡智なのです。

これを自身の信じる、信じないの視点で捉ええず、1度でも言葉にして欲しいと願う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Hare Krishna Hare Krishna

(ハレークリシュナ ハレークリシュナ)

Krishna Krishna Hare Hare

(クリシュナ クリシュナ ハレーハレー)

Hare Rama Hare Rama

(ハレーラーマ ハレーラーマ )

Rama Rama Hare Hare

(ラーマ ラーマ ハレー ハレー)

次章-バガヴァッド・ギーターとは

yoginiの部屋1はこちら


シュリーマド バガヴァッドギーターを直接聞ける講座、ギーターニシタを藝ヨーガスタジオにて7月より1年かけての学びが始まります。ヨーガの精髄を直接聞ききたい方は是非。 詳細はこちら→藝ヨーガセンター


この内容全てジャヤーナンダ師より与えられた経典の叡智から得たものです。 師の本には更に多くの教えがあり、それを学ぶことができます。

バクティヨーガ叡智が凝縮されたジャヤーナンダ・ダーサー師 解説本

ヨガインストラクター:Prema Yogini(プレーマ・ヨギーニー)

心の健康=幸せとは何なのかを求めヨガに出逢う。

ヨーガが現代に必要な教えを与えている事に気付き学び始める。

ジャヤーナンダ師を師事。

現在もその師の元バクティヨーガの純粋な教えを学んでいる。

バクティヨーガは完全な幸せを知る唯一の方法であり、それはセンチメンタルではなく、完全な科学です。

この世界の科学は便利さという幸せに近いことは追求できますが、本当の幸せを追求することとはまた違います。

バクティヨーガとはこの世界や宇宙がどのように構成、運営されているのか、生命体はどのような構成なのか、それを全て説いた上で、幸せとはなんなのかを私たちに寄り添うよう伝えてくれています。

完全な幸せは優しさや愛情という形でどの生命体(魂)の中にも存在し、それで満たされた本来の姿を知り、味わってもらえたら、、とバクティヨーガの叡智を伝えたく、このyoga premaを立ち上げる。

資格

ギーター・プラチャーリカ/ インド政府公認ヨガ資格/ ホットヨガ指導資格/ FTPマットピラティスベーシック/ 全米アライアンスRYT200/ アチュータゴッドラ・ゴーディヤヴァイシュナヴァ パランパラー

ヨーガを学び指導し始め11年、yoga ziyuuを自身で立ち上げ6年継続後、一旦休止。

現在は東京蔵前にある【藝 東京 ヨーガセンター】にてインストラクター兼、全米アライアンス200教典の講師を務めさせてもらう。

藝東京ヨーガセンターの詳細はこちら