ヨガに取り組む全ての人にヨガの知識、ヨガの哲学をお届けするサイト - Yoga Prema

bhagavad gita 1章 32節-35節

バガヴァッド・ギーター1章 32節-35節

初めの祈り

om namo bhagavate vasudevaya

(ヴァスデーヴァの息子、ヴァーステヴァ、ヴァガーヴァーンに心から敬意を表する)


【1-32】

kim no rajyena govinda kim bhogair jivtena va

yesam arthe kanksitam no rajam bhogah sukhani ca

(ゴーヴィンダ(クリシュナ)よ。今、この戦場で領土や幸福を賭けて一同が戦おうとしている今、王国や幸福、人生に何の意味があるというのですか?)

【1-33.34】

ta ime 'vasthita yuddhe pranams tyaktva dhanani ca

acaryah pitarah putras tgthaiva ca pitamhah

matulah svasurah pautrah syalah sambandhinas tatha

etan na hantum icchami ghanato 'pi madhusudana

(師、叔父、息子、祖父、母方の伯叔父、義父、孫、義兄弟、親戚縁者達が、命と全財産を賭して、面前で戦おうとしている。マドゥスータナ(マドゥ悪魔を殺した者)よ。私は彼らに殺されても、彼らを殺したくないのです)

【1-35】

api trailokya-rajyasya hetoh kim nu mahi-krte

nihatya dharatrastran nah ka pritih syaj janardana

(ジャナールダナ(全生命の維持者)よ。三界の王者となる為でも、彼らと戦いたくないのに、ましてや地上の王国の為に戦うなんて。ドリタラーシュトラの息子達を殺して、本当に幸福になれるのですか?)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

理由を付けてやるべきことをやりたくない。それが生命体にクレーシャ(苦しみ)を与える原因となる。

【理由】は多かれ少なかれ自己のエゴであり、それに縛られると目の前で起こった事を問題にしてしまう。

あるお父さんが一生懸命働き、家族の為に家を買った。それは家族が喜ぶと思い、家族が幸せになると思ったから。だけどその直後、会社に突然解雇され収入が無くなり、家族関係が悪化し一家離散となった。お父さんは絶望し、何の為にこの家を買ったのか、、と嘆く。

このお父さんは家族に対してとても愛情深いことが表れている。そしてその愛情から家を買うことを家族の幸せと思ってしまった。これと同じパターンが私達生命体が行う物質的な計算。

自己がプランメーカーになれると思い、あれこれ幸せと思うことを考える。幸せ=感覚を満たすこと。それを満たせないと人はそれを苦しみに変える。

ラーダクンダマハラージャ

精神的な視点は、物質的な計算は無知であると知っている。自己の計算(プランメーカーになること)など無理だと知っている。

アルジュナは、自己の中で物質的な計算をしており、それは親戚縁者に対してとても愛情深いことかからきている。だが、物質的な計算の上で生み出される愛情は歪んでいる。

愛はエゴが無い。

上記のお父さんの例もよくよくみるとエゴがある。愛とは純粋であり、誰のエゴ(理由)も持っていない。歪んだ愛は必ず大なり小なりの3つの苦と生老病死の苦しみや悲しみをその人にもたらす。

愛は全てを満たす平和を象徴するものでは無いか?と嘆きに変わるのであれば、愛が悲しみや苦しみに覆われており、その愛に何か自己の理由(エゴ)をつけている。

だからギーターでは、純粋な愛情(幸せ/平和)は、行為を全てクリシュナへ捧げることで育まれるよ、、と伝えている。どのように捧げるのかはギーターを読み進めていくうちに理解できる。クリシュナへ行為を捧げることで私達の感覚が正常になり、五感が綺麗になる。

それはクリシュナ(が純粋な愛を持っているので、彼)に行為を捧げるその想いが私達の汚れた五感によって歪んだ愛が正常に、綺麗にる。

理由(エゴ)の無い愛を見つけ、それを満たすと自動的に生命体が味わう苦しみが無くなっていくということ。

自分の為に愛を叫ぶのであれば、それ相応のものしかやってこないし、その結果を受け取る。反対にクリシュナに捧げるのであれば、あらゆる不幸の連鎖(カルマの反動)は無くなり、更にその人が望むものをクリシュナが与える。

どんな計画を立てても、仮にそこに家族や友達への愛があったとしても、生命体はその愛の中に小さなエゴが必ずある。これをよくよく理解する必要がある。

究極的にはそれが全ての苦の原因。

結果は全てクリシュナの計画で与えられており、アルジュナがどんなに死んで欲しく無いと思っても、運命はクリシュナの手の中にある。

クリシュナは愛情深く、アルジュナを必ず救う。何故ならクリシュナは愛情を捧げる生命体をとても愛おしいと思う。クリシュナ自らが救いたいと思う。それが本書の10章-11節にも明確にされている。

ヨーガとは真理を教えてくれるのだが、決して堅いものでは無い。それは二元相対を超える方法という、小さな意識の範疇を超えて私達生命体を救う。

その時、クリシュナの計画は全てが愛のもと行われると理解し始める。 自己のために愛を叫ぶことを放棄し真の幸福の道を歩き始める。。

ヴリンダーヴァン花

次節bhagavad gita バガヴァッド・ギーター1章36節

前節bhagavad gita バガヴァッド・ギーター1章31節

このバガヴァッド・ギーターを藝ヨーガセンターにて9ヵ月かけてじっくり学ぶ講座を開催中。ご興味ある方は是非。詳細→https://www.uel.tokyo/vedic-astrogy50


この内容全てジャヤーナンダ師より与えられた経典の叡智から得たものです。 師の本には更に多くの教えがあり、それを学ぶことができます。

バクティヨーガ叡智が凝縮されたジャヤーナンダ・ダーサー師 解説本

ヨガインストラクター:Prema Yogini d.d(プレーマ・ヨギーニー)

心の健康=幸せとは何なのかを求めヨガに出逢う。

ヨーガが現代に必要な教えを与えている事に気付き学び始める。

ジャヤーナンダ師を師事。

現在もその師の元バクティヨーガの純粋な教えを学んでいる。

バクティヨーガは完全な幸せを知る唯一の方法であり、それはセンチメンタルではなく、完全な科学です。

この世界の科学は便利さという幸せに近いことは追求できますが、本当の幸せを追求することとはまた違います。

バクティヨーガとはこの世界や宇宙がどのように構成、運営されているのか、生命体はどのような構成なのか、それを全て説いた上で、幸せとはなんなのかを私たちに寄り添うよう伝えてくれています。

完全な幸せは優しさや愛情という形でどの生命体(魂)の中にも存在し、それで満たされた本来の姿を知り、味わってもらえたら、、とバクティヨーガの叡智を伝えたく、このyoga premaを立ち上げる。

資格

ギーター・プラチャーリカ/ インド政府公認ヨガ資格/ ホットヨガ指導資格/ FTPマットピラティスベーシック/ 全米アライアンスRYT200/ アチュータゴッドラ・ゴーディヤヴァイシュナヴァ パランパラー

ヨーガを学び指導し始め12年、yoga ziyuuを自身で立ち上げ6年継続後、一旦休止。

現在は東京蔵前にある【藝 東京 ヨーガセンター】にてインストラクター兼、全米アライアンス200教典の講師を務めさせてもらう。

藝東京ヨーガセンターの詳細はこちら