メニュー

bhagavad gita 1章 37節38節

初めの祈り

om namo bhagavate vasudevaya

(ヴァスデーヴァの息子、ヴァーステヴァ、ヴァガーヴァーンに心から敬意を表する)


【1-37 38】

yadyapy ete na pasyanti lobhopahata-cetasah

kula-kasya-krtam dosam mitra-dorohe ca patakam

katham na jneyam asmabhih papad asman nivarttitnm

kula-kusaya-kritam dosam prapasyadbhir janardana

(ジャナールダナ(全生命の維持者)よ。貪欲さに心を奪われたとはいえ、一族郎党を全滅させ、親しい友人同士が殺し合うほどの罪があったとは思えません。そのことを知りながら、私達は何故、この地で戦争をしなければならないのですか?)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ヴェーダに規定されている侵略行為、非人道的な行為を幾度と無く繰り返したドゥリョーダナ。それを罰することはクシャトリヤとして戦うに値する理由である。何故なら永遠のダルマであるクリシュナがそのようにヴェーダで決めている。ヴェーダはクリシュナそのものであり、それさえも超えている。

だがアルジュナは幸せを自分で生み出せると、無知に覆われてしまいこの戦いは不幸の結末しか無い、無意味であると思ってしまっている。

ヴェーダであるギーターは生命体の幸せだけを望んでいる。それはバガヴァーン、クリシュナが直接語ったものだからだ。クリシュナは6つの富を完全に完璧に、無限に持っている。だからクリシュナは何にも妬みを持っていない。それは誰も、何も不幸になどしないということ。

そして幸せはクリシュナと繋がりプレーマ(純愛)を味わうこと。クリシュナはチットシャクティー(精神エネルギー)であり、物質エネルギー(肉体レベルの感覚)では知覚する(繋がる)ことはできない。精神エネルギーとは魂の身体を構成している。幸福とは物質レベルではなく、魂の段階に戻った時に幸せを知覚し(繋がり)味わうことができる、、、ということをギーターは伝えてくれている。

ジャガンナータバラデーヴァ

それは私達にクリシュナという幸せを与えてくれる根源を教えてくれ、魂(精神)の段階に引き上げてくれているのだ。私達生命体を幸せに導いてくれている。その言葉をかえると「宇宙と人類の取扱説明書」である。

魂(精神)の視点以外で出す結論はそれがなんであろうと、全て無知に覆われている。アルジュナ(の行動)はそれを私達に教えてくれている。

アルジュナは果して皆が皆、この戦いの真意を知っているのだろうか、、もし知らなければあまりにも悲惨であるし、この戦いの結末は不幸しかない、、と勝手に生み出し決めつけ、その結果に執着し無知の中に落ちてしまった。そしてどうにかこうにかして、戦わない方法が無いかと思いを巡らせている。

生命体の全ての苦しみは魂(精神)の段階に上がると自然になくなるよ、、そして人は本来苦しむことなどないということ、、私達は苦しむことのないことで苦しんだり、怒り、嘆き悲しんでいる、、ギーターは、クリシュナはその真理の声をくれている。

そしてその声は生命体の唯一の救いジャナールダナ(全生命の維持者)の声であり、この物質的な感覚器官で聞き、読むことができるとういう、有り得ないこの幸運さを生命体は理解する必要がある。。

アラティック

次節bhagavad gita バガヴァッド・ギーター1章39節40節

前節bhagavad gita バガヴァッド・ギーター1章36節

このバガヴァッド・ギーターを藝ヨーガセンターにて9ヵ月かけてじっくり学ぶ講座を開催中。ご興味ある方は是非。詳細→https://www.uel.tokyo/vedic-astrogy50


この内容全てジャヤーナンダ師より与えられた経典の叡智から得たものです。 師の本には更に多くの教えがあり、それを学ぶことができます。

バクティヨーガ叡智が凝縮されたジャヤーナンダ・ダーサー師 解説本

SNSでこの記事のシェアをお願致します!

ヨガインストラクター:
Prema Yogini d.d(プレーマ・ヨギーニー)

心の健康=幸せとは何なのかを求めヨガに出逢う。

ヨーガが現代に必要な教えを与えている事に気付き学び始める。

ジャヤーナンダ師を師事。

現在もその師の元バクティヨーガの純粋な教えを学んでいる。

バクティヨーガは完全な幸せを知る唯一の方法であり、それはセンチメンタルではなく、完全な科学です。

この世界の科学は便利さという幸せに近いことは追求できますが、本当の幸せを追求することとはまた違います。

バクティヨーガとはこの世界や宇宙がどのように構成、運営されているのか、生命体はどのような構成なのか、それを全て説いた上で、幸せとはなんなのかを私たちに寄り添うよう伝えてくれています。

完全な幸せは優しさや愛情という形でどの生命体(魂)の中にも存在し、それで満たされた本来の姿を知り、味わってもらえたら、、とバクティヨーガの叡智を伝えたく、このYoga Premaを立ち上げる。現在は東京都江東区住吉、宮城県涌谷町にてヨーガを伝えている。

資格

ギーター・プラチャーリカ/ シュリーマド・バーガヴァタム50/ インド政府公認ヨガ資格/ ホットヨガ指導資格/ FTPマットピラティスベーシック/ 全米アライアンスRYT200/ アチュータゴッドラ・ゴーディヤヴァイシュナヴァ パランパラー

ヨーガを学び指導し始め12年、yoga ziyuuを自身で立ち上げ6年継続後、一旦休止。Yoga Premaとして活動を再開。

現在は東京、宮城、他県にて経典はもちろん、経典の教えがアーサナの中にあることも伝えアーサナのクラスも行い、ヨーガの真理を伝えることに従事、尽力している。