メニュー

bhagavad gita 2章 9節10節

初めの祈り

om namo bhagavate vasudevaya

(ヴァスデーヴァの息子、ヴァーステヴァ、ヴァガーヴァーンに心から敬意を表する)


【2-9】

sanjaya uvaca-

evam uktva hrsikesam gudakesah parntapah

na yotsya iti govindam uktva tusnim babhuva

ha

(サンジャヤ言う。敵を滅ぼす英雄(グダケーシャ)と称されるアルジュナは、こうクリシュナに話した後、ゴーヴィンダよ。私は戦いません、と黙り込んでしまいました)

【2-10】

tam uvaca hrsikesah prahasann iva bharata

senayor ubhayor madhye visidantam idam

vacah

(バーラタ王の子孫(ドリタラーシュトラ)よ。このときフリシーケーシャ(クリシュナ)はにっこりと笑い、両軍の間で悲しみに沈むアルジュナに向かって語られました)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アルジュナはクリシュナを師に置いた。その光景を神秘力で見ていたサンジャヤはアルジュナをグダケーシャ(敵を滅ぼす英雄)と呼んだ。

クリシュナを師に置いたアルジュナに、もう敵は居ないということを伝えている。敵とは無知である。自分が何者かを知った時、それは無くなる。それは根源の師であるクリシュナが無知を照らす光を与えてくれる。

生命体は信じるものがあれば生きていける。決して嘆きにも悲しみ、恐れにも飲み込まれず、ましてや命を絶つ事もない。

信念が無知を消す光の始まりなのだ。

それは感情は自己を苦しめないということを理解させ、そして精神性の上に社会(経済)や家族での役割があるということへの、真の理解を与えてくれる。

全ての欲求を手放して何が真に大切かを問うこと。それは自己実現へと向かう第一歩なのだ。 自己実現とは精神魂と自己が認識すること。そして自己の立ち位置を理解すること。

そうしたら、なぜ社会が大切か、家族が大切かが自動的に理解できる。 社会も確かに大切である。だけど本当の命、精神魂に比べたらどちらが大切か、、比べものにならないことを理解できるはずなのだ。

聖者達

何故アーサナ(ポーズ)の練習をするかといえば、自己の探究であり、それは自己実現を目指している。そのプロセスで肉体や感情にら左右されないように(欲を落とす)、、と伝えているのか。

肉体や感情がそれ以外のもので支えられているとを知ることにより、それ以外に絶対的に大切なものが理解できる、そして何故肉体と感情があるかを理解できるからである。

肉体はこの宇宙であり、世界の現れである。 何故アーサナではそれが大切に思えて、精神的な学びになるとそれが難しいのか。

ギーターにもはっきりと書かれている。 身体を動かす運動では無い、、と。ヨーガの全工程は自己実現の為である。

自己実現を放棄してまで何かを望む社会は平和になどなり得ない。その為にも何を信じたら無知が取り除かれるかを知る必要がある。

その信念を取り戻す為には師が必要ということ。

根源の師(グル)であるクリシュナは私達が望む関係にて全てを与えてくれる。師になって欲しいと願えば師に、家族のように望めば家族に、恋愛の対象を望めばそのように、、

ここでクリシュナはにっこりと笑い、アルジュナと友であった関係性から師と弟子の関係性を受け入れた。

そして今からアルジュナの無知を取り除いてくれる。それは、このクルクシェートラの戦いに集まった6万人の両軍の面前で行われた。即ち、ここにいる全ての人の精神的向上の為にクリシュナはこの行動(計画/リーラー)をとった。

クリシュナはいつでもどこでも、どの時代、どんな人でも求めた者に無知を取り除く信念を与えてくれる。特定の場所、時代、人に依存しない。

それは【全人類へのメッセージ】なのだ。それは友も敵も無く、全人類への最高の友の言葉である。それは全人類の幸福だけを願っているということ。

【生きる】ことを考えた時、物質的な何かが無ければ生きていけないという、無知からくる心の貧しさが消滅するように、、唯一の友はそれを全て救い上げてくれる。

ラーダモーハン

次節 bhagavad gita バガヴァッド・ギーター2章11節

前節bhagavad gita バガヴァッド・ギーター2章8節

【2020年8月よりsukura yogaスタジオ、藝ヨーガセンターにて全米アライアンス200時間、経典にてこのバガヴァッド・ギーターを伝えさせてもらいます。ヨーガを学びたい方は是非】

・sukura yogaスタジオ(満員)→https://sukra-yoga.com/news/

【2020年4月より藝宮城ヨーガにて月1回 バガヴァッド・ギータークラス開催】

詳細→https://ja-jp.facebook.com/uel.miyagi/


この内容全てジャヤーナンダ師より与えられた経典の叡智から得たものです。 師の本には更に多くの教えがあり、それを学ぶことができます。

バクティヨーガ叡智が凝縮されたジャヤーナンダ・ダーサー師 解説本

SNSでこの記事のシェアをお願致します!

ヨガインストラクター:
Prema Yogini d.d(プレーマ・ヨギーニー)

心の健康=幸せとは何なのかを求めヨガに出逢う。

ヨーガが現代に必要な教えを与えている事に気付き学び始める。

ジャヤーナンダ師を師事。

現在もその師の元バクティヨーガの純粋な教えを学んでいる。

バクティヨーガは完全な幸せを知る唯一の方法であり、それはセンチメンタルではなく、完全な科学です。

この世界の科学は便利さという幸せに近いことは追求できますが、本当の幸せを追求することとはまた違います。

バクティヨーガとはこの世界や宇宙がどのように構成、運営されているのか、生命体はどのような構成なのか、それを全て説いた上で、幸せとはなんなのかを私たちに寄り添うよう伝えてくれています。

完全な幸せは優しさや愛情という形でどの生命体(魂)の中にも存在し、それで満たされた本来の姿を知り、味わってもらえたら、、とバクティヨーガの叡智を伝えたく、このYoga Premaを立ち上げる。現在は東京都江東区住吉、宮城県涌谷町にてヨーガを伝えている。

資格

ギーター・プラチャーリカ/ シュリーマド・バーガヴァタム50/ インド政府公認ヨガ資格/ ホットヨガ指導資格/ FTPマットピラティスベーシック/ 全米アライアンスRYT200/ アチュータゴッドラ・ゴーディヤヴァイシュナヴァ パランパラー

ヨーガを学び指導し始め12年、yoga ziyuuを自身で立ち上げ6年継続後、一旦休止。Yoga Premaとして活動を再開。

現在は東京、宮城、他県にて経典はもちろん、経典の教えがアーサナの中にあることも伝えアーサナのクラスも行い、ヨーガの真理を伝えることに従事、尽力している。