メニュー

bhagavad gita 2章 25節

バガヴァッド・ギーター2章25節

初めの祈り

om namo bhagavate vasudevaya

(ヴァスデーヴァの息子、ヴァーステヴァ、ヴァガーヴァーンに心から敬意を表する)


【2-25】

avyakto 'yam acintyo 'yam avikaryo 'yam ucyate

tasmad evam vidivainam nanusocitum arhasi

(魂は5感で認識することはできない。目に見えず、人知で想像も及ばぬもの。魂は常に変化しないものと知って、肉体の為に嘆き悲しむな)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

魂は私達が持っている5感では知覚することができない、とここで断言している。しかもその知識は、人知の範疇にも無いと伝えてくれている。ということは、魂というものをどのように知ることができるのか?

それが唯一、【ヴェーダ経典】である。

ヴェーダは至上主、クリシュナから発せられ(生まれ)た。クリシュナは始めなく終わりのない存在である。そのクリシュナが生み出したヴェーダ経典もまた、同じである。人という生命体から生まれたのではなく、人知を超えた完全な知識の源から生まれた。

まさにそれが【バガヴァッド・ギーター】であり、魂の知識でもある。

生命体がどんなに実験をしても、最先端の機械を生み出たとしても、結局は人知の範疇からは超えてはいない。故に、生命体がどんなことをしても、【魂を5感で知覚させる】ことは無理なのだ。

そもそも、生命体の5感はプラクリティ(物質エネルギー)の産物であり、魂は極めて純粋なプルシャ(精神エネルギー)であるから、生命体の感覚で知覚することなど不可能である。

この魂の知識はクリシュナから発せられたヴェーダのみが知っている。故にこの言葉を信じる他ない、ということを生命体は真に理解することが肝要だ。それをここで伝えてくれている。

子供は無条件に親の言うことを信じている。それと同じように、生命体は見た目は大人へと成長するが、魂は子供なのである。

アビシェーク

魂の親はクリシュナである。親は子供を不幸にしようなどとは思わない。いつも子供の幸福を願っているものだ。クリシュナもまた同じである。生命体の幸福のみを願いこのヴェーダを発した。

このギーターには生命体が、動物ではなく、人として生きる方法を余すこと無く伝えてくれている。人という姿形で生まれたのだから、その性質によって生きる活動をすることで幸福へ向かう。もし今、心の状態が不満足であれば、それは人の性質から外れてしまっている。

信じるものはカルマによって与えられる自己の感覚や知性ではなく、ヴェーダである。その恩恵は、自己の本当の姿は魂であると知覚できるようになる。物質エネルギーの感覚ではなく、精神エネルギーの感覚になり、自己が魂であると完全に理解する。これはこの世界の知識では決して得ることはできない。

そしてクリシュナがスーパーソウルであり、私達ジーヴァートマー(個人魂)は微小であり、常にクリシュナへ献身をする立場であるという真の知識を取り戻す。 ジーヴァとスーパーソウルは違う。それを何度も何度も繰り返し伝えてくれている。

子供は親に何度も何度も同じことを注意される。それは子供を想う親の愛情によって為される。クリシュナから発せられたこの言葉の全ても同じである。

何度も何度も伝えるのは、クリシュナの生命体への純粋な愛情からでしか無い。自己が魂の姿である、と完全に認識した時、この最高のプレーマ(純愛)によって最高の幸福を得る。

ラーダーシュタミ

次節 bhagavad gita バガヴァッド・ギーター2章26節

前節 bhagavad gita バガヴァッド・ギーター2章24節

❁Yoga Prema Class 詳細❁

❁2020年8月よりYoga Prema グルクーラ養成クラス開催中❁

❁2020年4月より宮城にて月1回 バガヴァッド・ギータークラス開催中❁

【2020年5月よりsukura yogaスタジオにて、全米アライアンス200時間、経典にてこのバガヴァッド・ギーターを伝えさせてもらいます。2021年に開催予定もあります。ヨーガを学びたい方は是非⬇】

sukura yogaスタジオ


この内容全てジャヤーナンダ師より与えられた経典の叡智から得たものです。 師の本には更に多くの教えがあり、それを学ぶことができます。

バクティヨーガ叡智が凝縮されたジャヤーナンダ・ダーサー師 解説本

SNSでこの記事のシェアをお願致します!

ヨガインストラクター:
Prema Yogini d.d(プレーマ・ヨギーニー)

心の健康=幸せとは何なのかを求めヨガに出逢う。

ヨーガが現代に必要な教えを与えている事に気付き学び始める。

ジャヤーナンダ師を師事。

現在もその師の元バクティヨーガの純粋な教えを学んでいる。

バクティヨーガは完全な幸せを知る唯一の方法であり、それはセンチメンタルではなく、完全な科学です。

この世界の科学は便利さという幸せに近いことは追求できますが、本当の幸せを追求することとはまた違います。

バクティヨーガとはこの世界や宇宙がどのように構成、運営されているのか、生命体はどのような構成なのか、それを全て説いた上で、幸せとはなんなのかを私たちに寄り添うよう伝えてくれています。

完全な幸せは優しさや愛情という形でどの生命体(魂)の中にも存在し、それで満たされた本来の姿を知り、味わってもらえたら、、とバクティヨーガの叡智を伝えたく、このYoga Premaを立ち上げる。現在は東京都江東区住吉、宮城県涌谷町にてヨーガを伝えている。

資格

ギーター・プラチャーリカ/ シュリーマド・バーガヴァタム50/ インド政府公認ヨガ資格/ ホットヨガ指導資格/ FTPマットピラティスベーシック/ 全米アライアンスRYT200/ アチュータゴッドラ・ゴーディヤヴァイシュナヴァ パランパラー

ヨーガを学び指導し始め12年、yoga ziyuuを自身で立ち上げ6年継続後、一旦休止。Yoga Premaとして活動を再開。

現在は東京、宮城、他県にて経典はもちろん、経典の教えがアーサナの中にあることも伝えアーサナのクラスも行い、ヨーガの真理を伝えることに従事、尽力している。